2008年 09月 02日
首相の椅子の重さって?
そんなに軽いものなの?

昨夜の福田首相の辞任劇。
(実は、同僚の通夜が終わってヘトヘトで帰ってきたため、ニュースをチェックせずに床に就いたため知ったのは今朝だった・・・汗)

2人連続の任期半ばでの辞任となった日本のトップ。
きっと海外からは冷ややかな目で見られていることだろう。

それ以上に、日本の国民がこれから苦境に立たされることが分かっていながら、自らその責務を放棄するとは・・・、あまり使いたくない言葉だが・・「敵前逃亡」に等しいと思う。

たとえ、首相を辞めたとしても、国会議員として有り余る地位と報酬が約束されているのだから、本人には多少のバッシングがあったとしても、痛くも痒くもないのだろう。

これが、中小企業のトップだとしたら、ありえないことだ!

こんな首相を担ぎ出した、自分のことしか考えていない政治家たちに、早く審判の機会が欲しいものだ!
[PR]

by dosanko0514 | 2008-09-02 09:02 | ちょっと気になる


<< 札幌はちょうど良い      青潮の影響? >>