<   2005年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

2005年 09月 29日
CO2増加は地球温暖化だけではない
われわれが排出する二酸化炭素(CO2)は地球温暖化を助長し、地球上から氷河や氷山を消してしまい、そこでしか生きられない動物などが絶滅しないかと危惧されている。(YOMIURI ONLINEの記事
ただ、それだけではないようだ。
朝日新聞の記事(「CO2増加で海水酸性化、サンゴ溶解も」9/29)より、
 大気中の二酸化炭素(CO2)濃度が現在のペースで増すと、海水の酸性度が上がって、50年後にはプランクトンやサンゴが溶け出し、生息海域が減り始めることを日米欧など8カ国の研究チームが予測した。29日発行の英科学誌ネイチャーに発表した。海の生態系全体に深刻な影響を与える恐れがあるという。

今の海水のphは弱アルカリ性で、それで生態系も維持できるいるそうだ。
しかし、CO2が海水に溶けて弱酸性になると、記事のとおりにサンゴなどが生きていられなくなるそうだ。
ということは、100年後、あの美しいエメラルドブルーのさんご礁が無くなってしまうのだろうか?
おまけに、氷山が解けて海面水位が上昇して、大洋上の小さな島々も水没するというしね。

100年後、つまり22世紀の人類は、われわれ20世紀に生まれた人たちを、
「自分の幸福のためだけに化石燃料を浪費し、結果として多くの生物を絶滅に追いやり、もはやとりかえしのつかない自然破壊を行った犯罪者」

といっているだろうなあ?
[PR]

by dosanko0514 | 2005-09-29 21:55 | ecology&economy
2005年 09月 27日
ブログの目的
始めてから、早や10ヶ月。
日記替りのつもりで、題目どおりに「気楽」に書き出したブログ。
こんな記事が、
Excite エキサイト : コンピュータニュース「ブログを書く目的は「癒し」 」
 ブログを書いているネットユーザー600人に、ブログを書く理由や内容を質問した結果をまとめた。それによると、ブログを書く理由として「自分の考えや感情を人と共有したい」と答えた人が54%、「自分の生活や興味の対象を記録したい」とした人が43%などで多数派だった。

そうだね。
自分が書いた記録にトラックバックをもらったり、コメントをもらったりすると、孤独なはずなんだけれど、身近に共感してもらえる人がいると感じるから不思議だ。
きっと、誰にも読まれなかったら、3日でやめていたかも知れない。
それと、他の人のブログをいろいろサーフィンしてみると、世界がとても近くに思えるし、地球の裏側で同じ考え方をしているt人を見つけるとうれしくなってしまう。

そんなこんなで、こんな面白いツールが出現したことがすばらしい。
インターネットとブログを考え出した人はノーベル賞モノだね。
[PR]

by dosanko0514 | 2005-09-27 23:55 | ちょっと気になる
2005年 09月 25日
愛、地球博 閉幕
今日で終わったね。
結局、行くことはできなかったけれど、入場者も予想を超えたし、最初は閑古鳥が鳴いていた外国パビリオンも、最後は多くの人が訪れ、国際交流が深まったというニュースを見て、いろいろな意味で成功だったと思った。
この博覧会のテーマは「自然の叡智(えい・ち)」。
地球の自然環境といかに共生できるか、この博覧会で披露されたさまざまな技術が、これから実社会で試される。
b0070020_20353120.jpg
息子は、夏休み期間中に友達と行ってきたが、楽しんできたようだった。

モリゾー・キッコロも森に帰っていくんだね。

皆勤賞の人もいたそうで、その記事を読むとなんだか、涙が出そうになるねえ。

★閉幕4日前に行ったライターさんの記事が面白い(行った気になる)
[PR]

by dosanko0514 | 2005-09-25 20:37 | ちょっと気になる
2005年 09月 25日
台風がかすめて、秋が来た
 台風17号、伊豆諸島から房総半島の南を過ぎていって、そんなに影響がないだろうと、タカをくくっていたら、午前中は時折、突風が吹いていた。
 それから、台風は、秋風をももたらしていた。正午の気温が20度。
数日前までだったら、Tシャツ一枚で十分だったのに、今日はちょっと肌寒い。
 午後、空が明るくなってきたので、自転車に乗って近所のアウトレットに。
ウィンドウショップのつもりだったので、ぐるりと店をはしご。
b0070020_203036.jpg来店している人は相変わらず多い。 
おもしろかったのは、着ている服装が夏と秋とが混ざっていたこと。
半そで短パンのお父さんがいたかと思ったら、しっかりジャケットでシックに装った初老の男性が散歩していたり。
ただ、女性たちは、もう秋を意識している人が多かったな。

秋といえば、「スポーツの秋」。 
ボクの好きなロードレースも盛んになる。
ベルリンで、野口みずき選手が日本新を出したそうだね。
[PR]

by dosanko0514 | 2005-09-25 20:05 | 歳時記
2005年 09月 24日
強暴化したハリケーン発生の原因は?
1000名以上の犠牲者を出した先の「カトリーナ」に続いて、一時歴代3位まで勢力を強めた「リタ」がテキサス州を襲おうとしている。
23日付け朝日新聞に気になる記事がある。
 ハリケーンは中心気圧や風速などで五つの勢力に分類されるが、米ジョージア工科大のピーター・ウェブスター教授らは16日発行の米科学誌サイエンスで「カテゴリー4~5の最強レベルに発達する割合は、過去30年間に1.5倍以上に高まった」と報告した。
 「強暴化」の大きな要因は海面水温の上昇だ。ウェブスター教授らによると、北大西洋の夏の平均海面水温は過去35年間で約0.5度上昇した。NOAAも先月初め、ハリケーン発生海域の7月末の水温が例年より0.5~2度ほど高いことなどから、カテゴリー3以上のハリケーンが例年の2~3倍発生するとして「ハリケーンに弱い地域の住民と政府関係者は、準備が不可欠だ」と警告していた。

ハリケーンに限らず、日本に来る台風も昨年、上陸回数で過去最高を記録したのは記憶に新しい。
その原因が海面水温の上昇にあるのは間違いところ。
そして、それが、地球温暖化と関係があるのか、無いのか?
 海面水温の上昇が、地球温暖化の影響かどうかについては、見方が分かれている。ウェブスター教授らは「判断するには、さらに長期的な観測が必要だ」と慎重だ。

と言っているが、ボクは、間違いなく関係があると思う。
長期的な観測でその裏付けを取るのは大切だが、今しなければならない温暖化対策をおろそかにして、「実は原因は地球温暖化だった」と後年言われないように、各国政府は気を引き締めるべきだろう。
特にアメリカは。
ハリケーン避難のため、ガソリンをたくさん消費する自家用自動車で渋滞するハイウェイ上であえいでいる姿は、なんと皮肉なことだろう。
[PR]

by dosanko0514 | 2005-09-24 16:51 | ちょっと気になる
2005年 09月 24日
地球温暖化とチームマイナス6% (4)
●ボクらにもできる二酸化炭素削減
われわれの生活の中から、「二酸化炭素排出量を1990年並みにしろ」と言われても、
「じゃ、何をどうすれば、どのくらい減らすことができるのか」
と思うのが普通だろう。

昔と比べてこんなに便利になった生活習慣をすぐに変えていくのは難しい。
「昔の不便な生活に戻すなんて、貧乏になった気がしていやだ!」
と考えるのも納得できる。

では、今の生活レベルのままでできる「マイナス6%」って無いだろうか?
ヒントとなるサイトがある。
全国地球温暖化防止活動推進センター
省エネルギーセンター(家庭の省エネ)大事典

そして、ボクの提言は次のとおり
●不必要な電気は切る

タイマーとして必要な録画機器を除いて、待機電力を消費する電気製品の主電源をこまめに切る。外出時、就寝時は保温ポットの電源を切る。それと、温水シャワー便座も省エネモードにすればかなり節電になる。

●お風呂やシャワーで使う水は最小限度に

たっぷりお湯があるとうれしいが、腰まで張った状態でもしっかり温まる。シャワーも水量を落としても十分にすすげる。残り湯を洗濯に使うのは言うまでも無い。

●買い替えの時は省エネタイプを

冷蔵庫とか洗濯機、エアコン、テレビと言った、電気を多く使う製品は、消費電力を確かめて選びたい。どうしても安価な製品に走りがちだが、長く見ると、丈夫でエネルギー効率の良いものを選んだ方が得になる。 照明器具も、蛍光灯とか最近では発光ダイオードを使った製品が出ているので、そちらを選びたい。

●食品は使い切れる量を買う

安いからといって、使い切れない量を買って、冷蔵庫をいっぱいにし、最後には生ごみとして廃棄するのは余計なお金と二酸化炭素を排出するだけ。
バラ売りを買うことは賢い買い物と意識を変えたい。

●自家用自動車は本当に必要か考える

交通の便の悪い地域ではともかく、公共交通機関の発達している都会周辺では、本当に必要かどうか考えてみよう。買い物で使っているのであれば宅配とかのサービスがあるし、通勤で使っているのであれば、公共交通機関の方が断然早いしエネルギー消費量も格段に少ない。 
クルマが好きで単に所有していたいのならばしょうがないが、運動不足を助長しかねない利用方法をしているのであれば手放した方がスッキリする。相当なお金も節約できる。
ドライブしたければ、レンタカーで十分ではないか?

●リサイクルに関心を持つ

買ったものを長く使うのはもちろんのこと。
不必要になってそのままゴミとして廃棄すると焼却によって多くの二酸化炭素を排出してしまう。できるだけ、リサイクルできる製品を買いたいし、分別してリサイクルボックスに入れる習慣を身につけたい。

b0070020_10113265.gif


過去の記事
[PR]

by dosanko0514 | 2005-09-24 11:50 | ecology&economy
2005年 09月 23日
映画鑑賞記「シンデレラ・マン」
鑑賞日:05.09.22 観賞場所:AMCイクスピアリ16
1930年代のアメリカ、大恐慌時代を駆け抜けた伝説のボクサー、ジム・ブラドックの実話を「アポロ13」、「ビューティフル・マインド」のロン・ハワードが映画化。
家庭の窮地を不屈の闘志で打ち破った男とそれを支え続けた妻や3人の子供たちの感動の物語だ。
そして、個人的には、六本木でのレッド・カーペットで感激の握手を果たした、レネー・ゼルウィガーの見事な演技にもワクワク。
b0070020_11285844.jpg


ストーリーと感想(ネタバレ注意)
[PR]

by dosanko0514 | 2005-09-23 11:30 | 映画は楽しい
2005年 09月 22日
げっ TOEICのスコアが
大幅に下がった(汗)

8月下旬に社内IPテストを受けたのだが、
今年になって、TOEICの勉強熱が急激に下がったのがてきめんに出たな。
まあ、職種も変わって、TOEICスコアで昇進するとかの条件が無くなったのも影響しているのかな?
そうは言っても、せっかくあと一歩で600点というところまで行ったのに、もったいない話だ。
[PR]

by dosanko0514 | 2005-09-22 08:55
2005年 09月 21日
足美人(笑)
ある暑い夏の日の思い出(・・・というか、気になった写真)を。

東京駅から電車に乗っていたら、向かいの席に座った女性の足元に目がいった。
「こんなおしゃれもあるんだ」ということで、1枚撮ってしまった(汗)
b0070020_7243525.jpg

特別、足フェチじゃないのだけれど、見惚れてしまったのはボクだけ?
女性の皆さんのご意見もいただければ、もとい、男性陣の意見も歓迎!
[PR]

by dosanko0514 | 2005-09-21 07:25 | ちょっと気になる
2005年 09月 18日
地球温暖化とチームマイナス6% (3)
前の章で、
 日本の2001年度の日本の温室効果ガス排出量は、12億9,900万トン(二酸化炭素換算)で、基準年(1990年)比で5.2%の増加となっている。
さらに調べると、産業部門全体で 1.7%減っている(運輸部門は増加)のに対し、家庭部門では約30%増えているのだ。
と書いた。
家庭での取り組み次第で、地球温暖化にストップがかけられる。

日本の平均的な家庭から排出される二酸化炭素は年間約5.5トン。
その内訳を見てみよう。
b0070020_1120731.jpg

一番多いのは、照明や動力だ。夜更かしをすれば大いに消費しそうだね。
その次に、自家用自動車。その功罪は後述したいが、この数字は大きいと思うな。
それで、ちょっと気になるのが、「冷房を使う時の設定温度は高めに」とキャンペーンがされてきた割には冷房の占める割合はわずか1.2%だ。それに比べて暖房はその10倍。
すなわち、暖房にも気をつけたいということ。
また、関係が無いように思われがちだが水道も大きなエネルギーを使っている。
何故かって? 日本の上下水道は、大きな工場みたいなものだから、電気をたくさん使っているのだ。
それと廃棄物にも注意を払いたい。
可燃ごみとして廃棄したものは、全て焼却されそれが温室効果ガスを発生するわけだ。
きちんとリサイクルできるのもは分別したいし、なるべくごみを出さない消費生活を送りたいものだ。

さて、あなたの家庭ではどのくらいCO2を消費しているだろうか?
このサイトでそれを測定してくれる。 毎月、電力、ガス、水道からの計量結果がシートとして配布されているから、そこから数字を入れてみればわかる。
CO2家計簿

次は、みんで取り組める省エネについてアップする。
[PR]

by dosanko0514 | 2005-09-18 11:37 | ecology&economy